冬虫夏草

現代にこそ求められる自然の力、植物の可能性

未病医学研究センターの“冬虫夏草”

冬虫夏草

当センターでは、古くから伝わる“冬虫夏草”について、25年前より順天堂大学免疫学教室などと共同で、臨床医学的な効能・効果の研究を重ねております。
その研究成果は、日本の医学学会で発表されています。

主なはたらき

免疫活性作用

冬虫夏草液飲用後NK細胞活性の値が上昇した。 これは冬虫夏草特有成分「虫草多糖」との関連が深い。 虫草多糖はキノコなどに含まれている多糖体であり、人間の免疫担当細胞を刺激する効果があるので、NK細胞活性値が上昇し、免疫機能が賦活(扶正)したといえる。 (「東方医学」第16巻第二号)

血流を良くする効果

冬虫夏草に含まれるSODは血流をさかんにし、不要な活性酸素の消去を促進し、過酸化脂肪を除去する作用があるので、動脈硬化を防ぎ、コレステロールの体内残留を防止する効果(袪邪)がある。
また血液レオロジーの測定による全血通過時間の変化と赤血球の変形能の改善の成績から冬虫夏草が赤血球の膜の性状を変化させ、膜にとりこまれることによって、膜の流動性をよくする可能性が考えられる。 また白血球粘着能、血小板凝集能に対しても良い影響を与える可能性も示唆された。 (「東方医学」第18巻第二号)

循環多段式加圧抽出法

まるごと有効成分抽出と吸収率にこだわった
~冬虫夏草と世界唯一の抽出法との出会い~

 漢方の世界では、古くから冬虫夏草などの生薬は、煎じる方法で飲まれ続けてきました。
しかし最近の研究により、冬虫夏草は強硬な細胞壁があり、その細胞壁の中にある有効成分をコトコト煎じて抽出しようとすると、熱に弱いビタミンやミネラルが酸化してしまう欠点があることがわかりました。
また冬虫夏草は分子量も大きい為、通常の抽出法では殆ど体内に十分吸収されにくいと言われています。
 何とか全ての有効成分を抽出して、しっかりと体内に吸収させる方法はないか………。
ようやく長い研究の中で出会いました。
 それが世界唯一の抽出法『循環多段式加圧抽出法(特許No.3212278)』。
 これによって冬虫夏草が本来もつ有効成分をまるごと全て取り出すことが可能になりました。

冬虫夏草と循環多段式加圧抽出法との出会い

  • 冬虫夏草の有効成分を真空状態で保つことができます。
  • 冬虫夏草に熱を加えないことで酸化防止ができます。
  • 通常の抽出法(熱水抽出)と比較すると、生薬の有効成分を最大35倍抽出できるようになりました。
  • 冬虫夏草を酸化させずに活性化したまま保存することができるようになりました。

< 特 徴 >

① 安全で機能性の高い冬虫夏草エキス

成分(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、β―グルカンなど)ごとに時間と圧力を変えてひとつずつ丁寧に成分を抽出するオリジナルの抽出法です。
人間の体内では特に分解しにくい多糖類(β―グルカン等)を低分子化して腸内吸収可能な状態に出来るのはこの抽出法以外にないのではないかともいわれています。

① 安全で機能性の高い冬虫夏草エキス
↓
② 低分子化することでしっかり体内に吸収

冬虫夏草や霊芝等のキノコは細胞壁が非常に硬く、分子量が大きい為、通常の熱水抽出や粉末にするだけでは体内に吸収されにくくなります。 せっかく冬虫夏草を摂り入れるのですからしっかりと届けたい。 「循環多段式加圧抽出法」はそれらの弱点をすべてクリアしたすばらしい抽出法です。

② 低分子化することでしっかり体内に吸収
↓
③ 最大35倍の有効成分を抽出

これは冬虫夏草と霊芝を「熱水抽出法」と「循環多段式加圧抽出法」でそれぞれβ―グルカンを抽出しました。 結果、その差は歴然です。 最大35倍ものβ―グルカンを抽出したのです。

③ 最大35倍の有効成分を抽出
↓
④ 自然の大地「北海道」で抽出

世界唯一の抽出法は空気がきれいなことで有名な北海道北部幌加内の大自然に囲まれた最適な環境のもとで「冬虫夏草」は丁寧に抽出されています。 またここ幌加内は非常に寒い地域としても有名で、日本最寒気温ー41.2℃を記録したことがあります。

※ 冬虫夏草についてのお問い合わせはこちらまで