天野 暁(劉 影)プロフィール

天野 暁(劉 影)プロフィール

未病を治すことで、人生を振り返り、真の幸福に気づく

未病を治すことで、人生を振り返り、真の幸福に気づく

ご挨拶

ご挨拶
劉 影 天野 暁

人間として生まれたからには、だれもが体験する試練に「生老病死」があるといわれています。生きること、老いること、病むこと、そして死ぬこと。多くの人がこうした試練に迷い、不安を募らせますが、漢方の世界には試練を喜びに変える哲学があります。病を乗り越えていきいきと暮らし、ゆっくりと年を重ね、死すらも穏やかに受け入れるための知恵がつまっているのです。

当センターを訪れた方たちを診ることは、漢方の哲学や知恵をお伝えすることでもあるとの考えから、私が患者さんと向き合う時間は自然と長くなります。その方の症状を漢方医学独自の四診(望診、聞診、問診、切診)から診ると同時に、家族構成、仕事、住環境など、あらゆる面から病との関連をさぐるためで、糖尿病や心臓病、がんなどの患者さんはもちろん、肩こりや冷えなどの未病患者さんに対しても、それは変わりません。

薬だけの治療に頼らないのも当センターの方針であり、ここが西洋医学の治療と大きく異なる点といえるでしょう。漢方医学に基づいた医食同源による食事療法や薬茶、入浴(温熱療法)などで免疫力を回復させ、症状改善に努めるのです。「薬食茶湯」と呼んでいるこの生活改善法は、数々の好結果を生んでいます。

しかし、けっして西洋医学を否定しているわけではありません。検査技術やデータ分析など、西洋医学のすぐれた点は積極的に取り入れ、それを漢方医学の数多くの療法と組み合わせていくのです。このように漢方医学と西洋医学の双方の特長をとりいれた治療は、「中西医結合医療」として注目されていますが、私はこれを中国、アメリカ、日本における研究や臨床から会得。これこそが医療の未来を拓くと信じています。

「中西医結合医療」の立場から、日本人の体質と食生活に合わせた方法をとる――これも当センターだからできることだといえます。

だれにも、楽しく生きる方法がきっとみつかるはずです。

悩みや喜びを共有し、あなたの“いのち”と向き合おうとする私に、そのお手伝いをさせてください。


日本未病医学研究センター所長 天野暁(劉影)

プロフィール

プロフィール
  • 日本未病医学研究センター 所長 / 医学博士
  • 東京大学 食の安全研究センター 特任教授
  • ハーバード大学公衆衛生大学院 社会行動科学学部教授イチロー・カワチ主宰
    ソサエティアンドヘルスラボ日米未病プロジェクトチーム 首席研究員
  • 特定非営利活動法人 気血水研究会 理事長
  • 日本抗加齢医学会 評議員
  • 日本未病システム学会 評議員 など

漢方医学、未病医学、統合医療を専門とする未病研究の第一人者。
WHO試験合格により 1984年に来日。
以来、未病医学の教育、研究ならびに普及活動に従事、高い評価を得ている。
現在、東京大学食の安全研究センター特任教授として、東洋医学思想をベースにしたフーズサイエンスと Foods as Medicine (医食同源)の研究を行っている。
また、2013年7月より「ハーバード大学公衆衛生大学院 社会行動科学学部教授イチロー・カワチ主宰 ソサエティアンドヘルスラボ」の首席研究員として日米未病研究チームで指導的役割を担い、国内のみならず海外でも未病の普及を図るための調査・研究を行っている。

主な著書

主な著書

※ 下記の著書は、未病医学研究センターでも取り扱っております。

詳しくは、お問い合わせください。

『HAPPYエイジング 今こそ、治・未病』天野暁 劉影 (著) 田渕 亮子 (本文中の日本画) 万葉舎
  • 『劉影先生のヘルスガイド』 東京新聞出版局
  • 『病気にならない養生ガイド〈女性編〉』 晶文社出版
  • 『病気にならない養生ガイド〈男性編〉』 晶文社出版
  • 『こども漢方―家庭でできる、幼児と小学生の健康づくり事典』 小学館
  • 『未病医学のススメ―ストレス社会だからこそ中医学が新しい』 古川書房
  • 『女のからだと心の、聞くに聞けないことが分かる本』 講談社
  • 『陰陽劉流茶伝説―漢方の伝統と西洋の科学から生まれた“癒しの知恵”』 同朋舎/角川書店
  • 『未病を治そう―生活習慣病にならない中医学の知恵』 講談社現代新書
  • 『食べて治す・防ぐ医学事典―おいしく・健康・大安心』(日野原重明総監修・中村丁次監修) 講談社
  • 『体質がすべて!心と体のストレス解消法』 講談社
  • 『女性の漢方レシピ―生理痛・更年期…女のからだの不調&未病を解決』 扶桑社
  • 『女性のためのはじめての漢方―肌・体・心がきれいになるレシピBOOK』 池田書店
  • 『最新版 更年期障害これで安心―つらい症状と不安を解消!』(堀口雅子監修) 小学館
  • 『コシノヒロコ×リュウイン 120歳までキレイでいたい』 扶桑社
  • 『病気にならない15の食習慣』(日野原重明・天野暁<劉影>共著) 青春出版社
  • 『病気にならない15の食習慣』(日野原重明・天野暁<劉影>共著) 青春新書インテリジェンス [新書版]
  • HAPPYエイジング 今こそ、治・未病』天野暁 (劉影) (著) 田渕 亮子 (本文中の日本画) 万葉舎

メディア

メディア

その他の活動

“その他の活動
「未病との出会い&未病の未来を語る会」
これまで数えきれない出会いと皆様の支えがあって、ここまで歩んでまいりました。この度、未病医学研究センターは20周年を迎える事が出来ました。今後も未病の普及・研究に努めてまいります。

- 天野 暁 -

<発起人>黒岩祐治(神奈川県知事)
大竹美喜(アフラック創業者)
三浦豪太(プロスキーヤー&登山家)
< 日 程 >平成27年9月12日(土)
< 会 場 >銀座ハプスブルク・ファイルヒェン
天野 暁(劉 影)

  • パーティー会場

  • 八木さん、美沙子さん達の写真

  • 安倍昭恵様のお花

  • 三木谷社長のお花

  • 三浦豪太様のお花

  • 松本幸四郎、藤間紀子様のお花

  • 黒岩知事

  • 下村元文部科学大臣

  • 村上信夫様

  • 安井禮子様(元東京新聞記者)

  • 佐藤信紘順天堂大学名誉教授
「水墨画教室」~すべての命が大切に感じられるひと時~

5、6年前から、片岡鶴太郎さんのもとで水墨画を習っています。それまで何十年も絵を描いていませんでしたし、忙しい時期は教室にも通えませんから技術的にはまだまだですが、筆を握ると多くの発見があります。筆の進み具合で、そのときの自分のコンディションがわかるのです。また、動物や魚、野菜や果物などといった身近なものを描くうちに、小さな命に対するいとおしさがこみ上げてきます。褒め上手の鶴太郎さんが「おおらかでいい絵ですね」と評してくださるのも長続きの理由です。

「Beautiful Taoの会」~心と身体の「美」をテーマに~

発足してまだ2、3年ほどですがとても楽しい会です。Beautiful Tao = 美道(びどう)という名称については、身体だけでなく、言葉づかいや立ち居振る舞い、精神性まで美しくありたいとの思いから命名しました。40代~50代の女性が集まって、2か月に1度、食事を楽しみながら情報交換をします。メンバーは女優の紺野美沙子さんや元ファーストレディの安倍昭恵さんなど。今のままでも十分美しい人ばかりです。

「老子の会」~人としてのあり方を見つめなおす~

3月11日の東北地方太平洋沖地震は、被災地の方々だけでなく、日本中、世界中の人たちにさまざまなかたちで影響を与えました。問題が山積し、なかなか復興も進みませんが、そんな今だからこそ、政治、経済、環境や健康問題など、原点に戻って考えるべきではないか――そんな考えからスタートしたのが「老子の会」です。アメリカンファミリー生命保険会社最高顧問の大竹美喜さんや神奈川県知事の黒岩祐治さんらとともに、先人の教えを学んでいくつもりです。

「きものの会」~日本文化に親しんでいます~

以前から日本文化への憧れは強く、それに触れるひとつの方法として、時々きものを着て楽しんだりしています。きものに袖を通すと心が落ち着いて、身のこなしまで優雅になるようです。はたおり体験や鞠づくりなど、伝統工芸の世界に親しむこともできるのもこの会の魅力です。